HOME > インタビュー > ジュエリーブランドyuricosmosの山下さんへインタビュー

インタビュー

Tags:

yuricosmos 山下友理子

LINEで送る
Pocket

天然石を使ったオーダーメイドジュエリーを作るお仕事

オーダーメイドジュエリーのブランドを運営

ジュエリーブランドyuricosmosの山下友理子さん

――自己紹介をお願いします。

山下友理子です。「yuricosmos」というブランド名でオーダーメイドのジュエリーを作っています。

元々子供の頃から作ることや絵を描くことが好きで、宝石やジュエリーの写真を見て凄く素敵だなという憧れがありました。

嵯峨美術短期大学に行って造形や彫刻を勉強し、女性の曲線美をテーマにした作品を作っていました。卒業してから、女性の美を学びたくて美容の仕事をしていました。

ですが、やっぱり作ることがしたいと思い、退職して日本宝飾クラフト学院に行きました。自分の人生、自分のやりたいことをしようと決意し、ジュエリーを作り始めることになりました。

ジュエリー制作を学んでいたときに、お友達の紹介で「結婚指輪を手作りしてほしい人がいるので、良かったら」というお話を頂き作らせていただいたのがきっかけです。

そこから自然と口コミや紹介で注文が入るようになってきました。

自由な感性で創ることを大事にしたいので、会社に就職することは考えませんでした。まずは自分の感覚を大事にしようと思っていました。するとそこに共感してくださる方々と自然とつながり、ご注文を頂けるようになってきました。

一人で制作してるので、ご注文頂きご希望をカウンセリング、ジュエリーを創ってお渡しするという流れの中で、自然とオーダーメイドという形になりました。

今は結婚して子供がいますので、子育てや家のことを大事にしながら、ひとつひとつ注文頂いた物を大切に作らせていただいています。主人や家族にも協力してもらえるので、とてもありがたいです。

ブランドオーナー兼デザイナーとしての仕事

お客様に合った石とデザインにするために

――仕事場はどうされているんですか?

鋳造は専門でやっている所にお願いして、私はデザインと原型作り、石留めをやっています。

仕事は自宅の一室で作っています。ワックスという材料でデザインや原型の制作をしています。鋳造する工程は専門の業者さんにお願いします。その後自宅で、仕上がったジュエリーに石を留めて完成となります。

材料は天然石と、地金はシルバーやゴールドで作っています。

天然石の仕入れは、卸しの石屋さんや友人の石屋さんで購入して、年に1~2度宝石の卸しフェアに行って仕入れることもあります。地金の素材はお客様のイメージやご予算と相談します。

ひとつひとつ手作りなのでお安くはないですが、自分へのご褒美として購入していただけるくらいのお値段です。石や地金によるので、最初のカウンセリングのときにご予算と相談させていただきます。

オーダーを頂いた際にカウンセリングをし、お客様の希望を伺います。大切にしていらっしゃる価値観やご自身のテーマや理想をお聞きして、その方に合う石を一緒にお選びします。

お話を伺い、ご自身で大切にしていらっしゃることや価値観を知ることで、その人のイメージに合うデザインが自然と生まれてきます。デザインを考えるというよりは、手がどんどん作っていき、パズルのように完成していきます。

今現在も勉強中なんですけど、元々石は好きで、学校で宝石の勉強もしましたし、自分でも石の意味やパワーは石から感じたり、本を読んだりします。最近はインドの宝石学や占星術と宝石の関わりについて調べています。

永く愛されるもの作りを目指しているので、アンティークジュエリーの写真集なども参考にしています。

――お仕事をする時はどういう服装でされていますか?

作る時は家なので普通の格好なんです。打ち合わせや完成した物をお渡しに行くときはお客様と直接お会いしますので、明るい印象を心がけています。

やはりオーダーで作らせていただくには信頼関係が大切なので、私という人間がどういう人なのか感じていただける自己表現ツールとして、ファッションを楽しんでいます。

「好きなものは好き」、好きなものを身につける喜びを大切にしています。

オーダーを受けてから製作スタート

ひとつひとつゆっくりと

――オーダージュエリーの注文は頻繁に入るものですか?

はい、よくご注文いただきます。オーダーくださる方は自立した女性の方が多く、自分自身へのご褒美やより向上する為のお守りのような思いでオーダーされます。

イベントに出展すると、そこで注文が一気に入って順番をお待ちいただくこともあります。今は子育てしながらなので、ゆっくりペースで注文が入ってきた物をひとつひとつ作っています。

同時進行で作ることは基本的になく、おひとりの方におひとつ作る、仕上がったらまた次のを作る、という形です。

子供が寝た後や、主人に子供をみてもらっている間に少しずつ毎日コツコツ進めていくんですけど、今はだいたい1か月に2つか3つ作るペースです。ご満足いただけるよう丁寧に心を込めて作っています。

1日2~3時間ぐらいですね。子供を寝かしつけてから作ります。お休みはあります。

収入は、ばらつきがありますね。作った数によります。

最初に顔合せ

――オーダーを頂いたお客様と打ち合わせをするのは最初だけですか?

基本的に最初だけです。まずお顔を合わせてお話をうかがい、途中でのやり取りはメールが多いです。

遠方の方からのご注文もあるんですけど、そういう方はメールや電話での打ち合わせが多いですね。石は写真を送って見ていただいています。

私は奈良県に住んでいるんですけど、コンサートや用事で大阪に来られる方が結構いらっしゃるんですね。だから大阪に来るタイミングでお会いしましょうということもあります。

今までトラブルは、特にはないですね。ひとつひとつ一期一会の気持ちでやっております。

創作に必要なこと

――このお仕事をするうえで資格や特別な勉強をする必要はありますか?

作るための技術は私も専門学校で勉強しました。教室も色々あると思うんですけど、まず作るという基本的な技術はやっぱり必要になります。

あとはセンスですね。美しいものを見たりすることです。私は自然が師匠で、自然の造形が本当に素晴らしいと感じています。

石や技術の勉強もそうですし、美しいもの本物をみるために美術館にいくこともあります。やはり自然の造形が素晴らしいと感じているので花や木をようく見ることもヒントになります。

オーダーメイドだとお客様の話を聞くことも大切なので、人とお話することや人が好きなこと、石を使うので石を好きという気持ちも大事だと思います。

やっていて良かったと思う時

――このお仕事をされていて一番楽しいと思うのはどんなことですか?

オーダーいただいた作品が仕上がり、それをお渡しするときです。お渡しして箱を開けた瞬間の皆さんの「わぁ!」という嬉しそうな表情をみたらとても嬉しくなります。

身に着ける物なので、作って終わりではなくて、身に着けていただいてこその完成です。

オーダーメイドでその方のイメージで作った物なので、自分のためにこのジュエリーが生まれてきたんだと感動していただける瞬間は、本当にやっていて良かったなと思います。

作ることで喜んでいただける

――ご自身で作られるお仕事は、今までお勤めしてきた所と比べて違いやメリット・デメリットはありますか?

お勤めしていると勤務時間の中で仕事をしてその分お給料が頂けるという安定がありますが、自分でしているとそこは自分次第になってきます。自己責任ですね。

私はやっぱり作ることが好きで、自分の強みを活かして創作したジュエリーで喜んでいただける喜びを感じられることは凄くありがたいです。

――このお仕事をされるうえで注意するポイントはありますか?

身に着ける物なので、着け心地の良さも大事にしています。

それと、作る時は集中力が要りますし、自分自身が良い状態でいられるようヨガや瞑想をして、心身を整えることを大切にしています。

身につける人が主役で、ジュエリーはその人を引き立てる名脇役。ジュエリーを身に着けることでモチベーションも上がり、その人本来の魅力をよりいっそう輝かせられるよう意識しています。

――このお仕事をこれからもずっと続けていかれるつもりですか?

はい、そうです。

できることからやるのがベスト

――このお仕事に向いている人と向いていない人はいますか?

向いている人は、手先が器用で作ることが得意な人、石が好きで人と接することが好きな人だと思います。

細かい作業が苦手という人は難しいかもしれません。

――オーダーメイドジュエリーやものづくりに興味がある人にアドバイスがあったらお願いします。

自分が興味のあることややってみたいことにどんどん挑戦していったら良いと思います。

自分の得意なところをぐんぐん伸ばしていけば、他の部分はそれにつられて必然的に引き上がってくると思います。

できないことにフォーカスするのではなくて、まず自分ができることにしっかり目を向けて、それをひとつひとつ丁寧に取り組んでいくと、自然に道は空けていくと思います。

cosmosというのはギリシャ語で「愛と調和」という意味です。宇宙のcosmosもそうです。そして天然石は地球からの贈り物です。「yuricosmos」では愛と調和をテーマに宇宙にひとつのジュエリーを創作しています。

ホームページから注文できます。ホームページまたはブログからお問い合わせください。

LINEで送る
Pocket

【スポンサードサーチ】

インタビュー新着

おすすめ情報

【スポンサードサーチ】

新着インタビュー

カテゴリ一覧

タグ一覧