HOME > インタビュー > AICI国際イメージコンサルタント神津佳予子様インタビュー

インタビュー

Tags:

AICI国際イメージコンサルタント 神津佳予子

LINEで送る
Pocket

AICI国際イメージコンサルタント神津佳予子様インタビュー

人の外見を変えることでその人の成長を促すイメージコンサルタントの仕事

AICI国際イメージコンサルタントの神津佳予子さん

――自己紹介をお願いします。

AICI国際イメージコンサルタント協会認定、Certified Image Professionalという、国際レベルでイメージコンサルタントとして本物のプロフェッショナルと認められる資格を、現在日本でただ一人持っているイメージコンサルタントです。

皆さんがどれだけ素晴らしい実力、人柄、魅力をお持ちでも、それが相手に伝わらなかったら意味が無いと同じですよね。

イメージコンサルタントの仕事は、皆様の「実力、人柄、魅力」、つまり「本質」を、まず第一印象が決まる2秒間で外見から伝わるように見える化するプロフェッショナルです。

コーチとかカウンセラーというのは、内面を変えることで皆さんの成長を促しますが、イメージコンサルタントはまず外見を変えることから、皆さんの成長を促します。

外見を変えることはイメージコンサルティングの入口で、ゴールは、その方が生き生きと輝く人生を送っていただくことです。

カラーアナリストの勉強から

――経営者になってどれぐらいですか。

イメージコンサルタントの前に起業していますので、起業して20年以上になります。

会社を経営する前は、大学卒業後は国際特許事務所勤務、結婚後は子供たちに書道を教え、海外のNGO活動のボランティアをしていました。

30代で、義父母の介護と子育てをきっかけとして、10年以上専業主婦をしていました。でもやはりビジネスをしたいという思いがずっとあったんです。

主婦業の傍らボランティア活動をしていました。ボランティアというのは相手が元気になる、自分が元気になるという活動です。

ビジネスでもみんなを元気にしたい、自分も元気になりたいという思いで、女性起業家セミナーに参加したんです。

セミナーにカラーの勉強をしている受講生がいて、カラーはビジネスの1つのきっかけになるかも知れないと思って、それがスタートです。

起業前に特に学んだことは、カラー理論です。

お客様のカラー分析をして、お客様を輝かせるという、その頃はイメージコンサルタントというよりカラーアナリスト、パーソナルカラーアナリストという専門分野でしたけれど、まずそこからスタートしました。

幅広い分野で資格を活かして活躍しているKOZUstyleの受講生

――ご自身の強みは何になりますか。

私の強みは、国際イメージコンサルタント協会からCertified Image Professional資格を、現在日本でただひとり授与されていることです。

この資格は世界のイメージコンサルタントのトップ10%に入っているということを証明しています。

男性はカッコいい女性の前ではあまり自分の弱みを見せたくないですよね。でも母親的な立場の私には、弱みを素直に見せてくださいます。実はこれも強みになっています。

歳を重ねているからこそ、見えてきていることがあります。経験から人間的な幅も広がりますし、その方の価値観を広い心で受け入れることができます。

今までのイメージコンサルタントは、どちらかというと、パーソナルスタイリストやファッションアドバイザーと思われていた部分もありました。

そこで、パフォーマンス学という自己表現を科学する学問の理論とかエビデンスを、イメージコンサルティングに世界で初めて取り入れています。その結果、KOZUstyleでは実践的で科学的なコンサルティングを提供しています。

KOZUstyleは、受講生の強みと弱み、あるいはスケジュールに合わせて受講内容をカスタマイズし、受講後からビジネス化するまでのサポート体制を充実させているので、少人数制を取り入れています。

みなさん卒業後は、企業内でイメージコンサルタントの資格を活かして活躍されたり、美容院経営に生かされたり、ヘアメイクで仕事をしている方がよりお仕事の幅を広げたりなさっています。

その他、マナー講師、キャリアコンサルタント、司会者、主婦、会社員、元キャビンアテンダントの方も多いです。

資格取得後は、いままでのキャリアを活かして、さらに仕事の幅を広げる、あるいは今まで主婦をやっていたけれども、子供の手が離れて久しぶりに仕事を再開される方もいらっしゃいます。

ポジティブ体験、ネガティブ体験を見つめて自分の得意分野を見極めて

――経営者になってから嬉しかったこと、楽しかったことは?

とても魅力的なお客様や、イメージコンサルタントになりたいという受講生たちに囲まれているんですけど、お客様や受講生が本来持っているものを最大限発揮して、生き生きと活躍なさっている姿を見ることです。

――辛かったことはありますか。

パーソナルカラーアナリストの資格を取ってから、どういうふうにビジネス化していいかが全く分からず、どこでも学ぶことができなかったので、当時は試行錯誤の連続でした。

――会社を運営する上で日々心がけていることは?

講師、スタッフ一人ひとりが、優れたところを活かして活躍できるような環境を作ることです。

そして私ひとりだけでなく、その道のエキスパート、例えばヘアメイクのトップ講師とか、アパレル系のプロフェッショナルな講師、一流写真家、一流テーラーなどと共に、お客様や受講生を成長させる環境を整えることですね。

――経営理念とか、これから目指して行くものがありましたら教えてください。

KOZUstyleのミッションは、ビジネスとNGO活動を通じて、「世界中の人達が、生きるってこんなワクワクすることなんだと実感できる世の中をつくること」です。

ボランティア活動では、SVA公益社団法人シャンティ国際ボランティア会の副会長をつとめています。

――こんな経営者や起業家はすごいという方はいらっしゃいますか。

私のお客様で、成長なさる方は、まず素直な方です。

謙虚さとも共通するんですけど、プロフェッショナルの意見を素直に受け入れて、それを忠実に実行してくださる方、目標を定めて向上心のある方、そして業界全体を成長させようとする方です。

――これから起業しようと思っている方へのメッセージをお願いします。

ご自身がオンリーワンのフィールドで輝ける分野を見極めるということですね。

そのためには自分のポジティブ体験、ネガティブ体験をよく見つめることです。

そうすると自分がどの分野の人達を助けることができるのか、役に立てるのかが見えてきます。そこが皆さまのお仕事のターゲットになる方たちなので、それを見極めることです。

KOZUstyleの公式サイトはこちら
http://kozustyle.com/

神津様のフェイスブックページはこちら
https://www.facebook.com/kayoko.kozu

LINEで送る
Pocket

【スポンサードサーチ】

インタビュー新着

おすすめ情報

【スポンサードサーチ】

新着インタビュー

カテゴリ一覧

タグ一覧