HOME > インタビュー > 0歳児から預かる保育所で働く保育士さんの日々のお仕事

インタビュー

Tags:

保育士 中田馨

LINEで送る
Pocket

0歳児から預かる保育所で働く保育士さんの日々のお仕事

0歳児を預かる保育所の保育士である中田さん

保育士の中田馨さん

0歳児を預かる保育所の仕事内容について教えてください

保育士の中田です。保育士歴は15、6年となります。

保育士を志望していたわけじゃなく、仕事についたきっかけというものは特になかったんですけど、私の母が、私が生まれる前から自宅で小さい保育所をしていたんです。

それで家に赤ちゃんがいるのが当たり前で育ってきました。実際他にも色々な就職先を考えたこともあったんですけど、最終的に自然に保育士に向かったという感じです。

普段の保育内容としては、児童をお預かりして、1日みるというのが一番の仕事です。

私が預かっているのは0歳児さんなんですけど、朝保育所に来たら一緒に遊んだり散歩に行ったりしてから、午前睡といって午前中に寝かせます。

その後、ご飯を食べさせた後は、遊んで、2回目のお昼寝をします。お昼寝から起きるとおやつを食べて、保護者が迎えに来るまで遊ぶという感じで、1日が流れていきます。

預かっているのは0歳児の赤ちゃんだけです。“0歳児だけを預かる保育所”と市役所から指定されているんです。預かっている人数は大体いつも5人です。

市役所に指定されている保育施設なので、市役所が紹介をしてくれるのが大半で、あとは以前来られていた方が友達に紹介してくれるということもあります。

仕事が忙しい時期としては、年度末がとても忙しいです。

4月に2ヶ月とか3ヶ月で入ってきたお子さんが、2月・3月になると、1歳を過ぎて歩いて、というふうに当然ながら大きくなっているんです。大きくなると活動も大きくなってくるので、手がかかるということで忙しくなります。

1日の時間で考えると、お昼ご飯前後が忙しいです。お腹がすくと、早く食べさせろという感じで子ども達はすごく焦るんです。手づかみしたりスプーンを使ったりしてグチャグチャに食べるので、その後片付けや着替えが結構バタバタして大変です。

実務で考えると、朝の準備と片付けを入れると朝の7時半から夕方6時ぐらいまで働いています。休憩時間もご飯を食べる20分ぐらいの間なので、ぶっ続けで10時間くらい働いています。

でも、事務の仕事は保育中になかなかできないので、夜や早朝、土日にすることが多いです。そう考えると、1週間かなり働いていると思います。まあ、経営者なので仕方ありません。

休日は日曜日と祝日です。土曜日は希望があれば午前中だけ預かったりします。

保育現場で働く上で身につけて置いたほうが良い知識や技術は?

就職をするうえであったほうが良い資格や技術としては、ピアノを弾けるといいかなと思います。保育所は幼稚園の先生より、ピアノを弾く機会は多分少ないと思うんですけど、弾けるにこしたことはないと思います。

あとは技術というのか分かりませんが、歌や手遊びをたくさん知っているとお得かなと思います。季節や生活の場面ごとに歌や手遊びを使えると素敵かなと思います。

あと絵本を読むのが上手な先生はやはり魅力的ですね。保育士さんは芸達者な人が得かなという感じはします。やはり歌や踊りは0歳児さんでも大好きです。わかっているんですね。

心構えとしては、大切な命を預かっているということを常に感じて仕事をするべきかなと思います。

あと、今の年齢とか月齢のお子さんがどういう成長をしていくか?という基本的な知識は持っていた方がいいです。

そしてもっとも重要なのが、離乳食をどう進めていくかとか、乳児がかかりやすい病気のことを知っていたりとか、子どもに関わることの触りぐらいは知っていた方がいいと思います。

色々と話すとちょっと覚えることが多そうに感じるかもしれませんが、私は母のしていた保育所でしか働いたことがなくて、母と一緒に仕事をしていたので、1週間もあれば慣れました。

私は一般的じゃない保育所から働き始めたので参考にならないかもしれませんね。大きな保育所で働くとなると1,2ヶ月は慣れるまでに必要なんじゃないかと思います。

乳児保育を10年以上してきて何かトラブルはありましたか?

普段の仕事の中で特に気を付けていることは、子どもに怪我をさせないことと、風邪やインフルエンザなど衛生面に気を付けています。

怪我は多分必ずすると思うんです。ちょっと転んでおでこを打ったとか傷ができたとかいうのはやはりあるんですけど、親にとっては「なんでちゃんと見ていなかったの」という話になりかねないので、いつも注意しています。

子ども同士で噛んだりひっかいたりということも本当によくあります。そういう傷って結構深いんですよ。

噛まれると噛まれたところに歯形が青くできてしまって、ひどい時は1ヶ月とか2ヶ月残っている状態になることもあるので、噛む子がいるとすごく気を付けています。

けど、噛むのを完全に辞めさせるのはなかなか難しいです。『噛んだらダメ!!』と言って、中にはすぐに噛まなくなる子もいますけど、それは希ですね。

やはり0歳児さんは、噛むことで自分を守っているという部分もあるんです。おもちゃの取り合いで敗けそうになったから自分を守るために噛む。噛むということの善し悪しなんて当然赤ちゃんはわかりませんよね。

噛むという方法でしか表現ができない子もいるので、それをすぐにやめさせるというのはなかなか難しいです。

だから時間をかけて、「噛むのは痛くてダメなんだよ、悲しいんだよ」ということを伝え続けることと、噛むこと以外の楽しいことに意識を向けてあげるというこの2点を心がけていると、徐々に噛まなくなっていきます。

結構、長期戦になることもあります。10年以上、保育現場でお仕事をしてきていますが、噛むことが一番トラブルなんですね。

幸いなことに他のトラブルは私は経験したことがないですね。

保育所で働く中で中田さんが魅力を感じるポイントはどこですか?

子どもと過ごしていて笑えることが一番いいことだと思っています。子どもといると毎日本当に楽しくていっぱい笑えているので、毎日いいことだらけかなと思います。

あとはお母さん方に、『ここの保育所に来て良かった』と言われた時や、お別れの時に涙するときなどは、保育士をやっていて良かったと思いますね。

また、弟さんとか妹さんが生まれた時にまた来てくれた時、ここの保育所をわざわざ選んでくれたんだと感じられるので嬉しいです。

仕事の中で特に不満はないんですけど、しいて言えば、仕事の量の割に収入が低すぎるかなと思います。賃金は市役所から運営費という形でいただいて、保護者から保育料ももらっています。

保育士の仕事をするうえでおすすめの情報源は何かありますか?

ホームページはちょっと分からないですけど、本は色々集めて読んでいます。保育の思想というものに関しては色々知っていた方がいいかなと思っています。

多分、専門学校や大学など保育士養成施設に行った人は教科書に載っているので聞いたことがあると思うのですが、シュタイナー教育とか、モンテッソリー教育といったものです。

難しそうなものではなく、簡単に読めそうなものを選んで読んでいます。

あとは脳科学の先生の久保田先生とカヨ子先生というご夫妻の本は、すごく分かりやすく参考になるのでお勧めできます。

思想以外では、保育指導計画に関する本は1冊あると役立ちます。手遊びや折り紙の本なんかも各種1冊持っていれば、子どもたちとたくさん遊べるのでいいんじゃないかと思います。

中田さんから見て保育士業界のお仕事がおすすめな人は?

向いているのは子どもといて楽しいと思える人、子どもが好きな人が第一の条件だと思います。

子どもが泣いていても笑える人じゃないと、保育園や児童福祉施設など保育現場でのお仕事はしんどいかも知れないです。

子どもが泣いていたりぐずったりすると多分誰でもイライラはすると思うんです。だけどそれをイライラじゃなくて笑いに変えられる人が向いてるんじゃないかなと思います。

私自身も向いているか向いていないのかよく分からないので、向いていない人というのは難しい話なのですが、私はこの人は保育士に向いていないなと感じた人が1人だけいます。

学生の時に実習に行った先の所長さんだったんですけど、『赤ちゃんには感情がない』とはっきりおっしゃったんです。

そういう人が1人の人間である赤ちゃんをみるのはおかしいな、この人は向いていないなというふうに学生ながらに感じました。赤ちゃんを1人の人間として認めていない人は向いていないと思います。

いまの仕事で誇りを感じる部分として「ずっと先生のところに居たいわ」と言われた時は、ちょっと嬉しいし誇らしいと思います。

後は、大きなトラブルもなく長年仕事を続けてきたことと、毎日楽しく仕事ができていて、仕事をするのが嫌だなと思ったことがない事かなと思います。

保育士の仕事は、多くの女の子が小さい時に憧れる職業の1つじゃないかなと思います。

子どもが好きで、子どもといて楽しければ誰でもできると思うんです。私でもできるので、向いていない人ってそんなにいないと感じます。

保育士は子どもからすごくたくさんのパワーをもらえて元気になれる仕事なので、興味があったらぜひやって下さい!と言える仕事です。

現在は保育士不足ということもあり、保育士を確保するのも大変ですからね。女性だけじゃなく男性保育士ももっと増えて欲しいです。

中田さんの運営する離乳食ブログはこちら

http://www.babyfoodqa.com/

保育士に役立つ情報サイト一覧

■ ユーキャンの保育士講座

http://www.u-can.co.jp/

保育士資格を通信講座で勉強するならユーキャンの保育士講座がおすすめです。

自宅にテキスト教材を取り寄せることで中田さん以外の現役保育士インタビューも見られるし、受講生の声もどうすれば試験合格出来たのか?といったリアルな生の声が聞けるので保育士試験対策にはとても役に立つ情報が満載です。

まずは、無料資料請求で中身にじっくりと目を通すことからスタートしていきましょう!

■ 全国保育士会の公式サイト

http://www.z-hoikushikai.com/

保育士試験を合格するか、保育士養成校を卒業するかのどちらか2つです。これにより保育士資格取得が可能となります。受験資格は何?保育制度をはじめ待機児童問題や潜在保育士の存在などさまざま情報を学ぶことが出来ます。

■ 保育士登録事務処理センター

http://www.hoikushi.jp/

保育士として就業するには保育士登録をしておく必要があります。他にも保育士証の書き換え申請や再交付なども可能となっています。保育士登録手数料や必要書類などあらかじめ目を通しておきましょう!

LINEで送る
Pocket

【スポンサードサーチ】

インタビュー新着

おすすめ情報

【スポンサードサーチ】

新着インタビュー

カテゴリ一覧

タグ一覧