HOME > インタビュー > 歯科医院の受付の仕事をしている女性へインタビュー

インタビュー

Tags:

歯科医院の受付 新田奈緒

LINEで送る
Pocket

歯科医院の受付の仕事をしている女性へインタビュー

身内の職場で働くということ

歯科医院受付の新田奈緒さん

――自己紹介をお願いします。

23歳の新田奈緒と申します。神戸市にある新田歯科という歯科医院の受付をしています。

父がそこの歯科医院の院長なので、小さい頃からたまに見ていて若干興味があり、面白そうだなと思ったので働くようになりました。

働く父の姿を見ることは、昔から多かったです。自分の歯の検診はいつもやってもらっていました。

歯科医は皆ができる職業ではないと思うので、恰好良いというか憧れるなと思っていました。

他にやりたい仕事は、結構色々ありました。でも歯科医院の受付を辞めて他に行こうと考えたことは、無いに等しいです。

ほんのちょっとだけ思うことはたまにあるんですけど、結果的にはこのままでいいかとなるので、そんなに無いですね。

家族の経営する病院

――お父様と一緒に働くのはどんな感じですか?

最初は恥ずかしいというか嫌だったんですけど、慣れてきたら逆に親類なので言いにくいこともずばずばと言えますし、気楽にできるので楽だなと思います。

職場が家族と一緒で良いことは、言いにくいことを普通にいえることです。

悪いことは、どうしてもため口になってしまいがちなのですが、患者さんや他の方がいる中で院長に対してため口になるのはおかしいというか変だなと思うので、気をつけないといけないことかなと思います。

職場では直接は呼ばないんですけど、呼ぶとしたら「院長」です。

――お給料を貰うようになる前にお手伝いで入ったことはありますか?

それはないんですけど、大学生時代にバイトではやっていました。

受付だけじゃない歯科医院でのお仕事

――受付のお仕事はどういったことがありますか?

患者さんの予約を取るのとか、器具の消毒、物品の発注、在庫の確認、カルテの整理とかですね。

1人でやっていますが、でもそんなに大きい所ではなくて、歯科医院が休みなら自分も休みです。

家族がやっているので、どうしても休みたいんだったら母に代わってもらうこともできるので、そんなに不便な思いはあまりしたことがないです。

母は受付の仕事を昔やっていたので、今はたまに出るくらいですけどできます。

勤務日数や休日は自由に決められるんですけど、やっぱり雇っている人が少ないので完全に自由に決められることはないです。働いているのは自分を含めて3人です。

受付は自分が午前と午後にやっているんですけど、歯科助手は午前の方と午後の方が別なので、どちらかが休んだら私が代わりに助手をやらなければならなくて大変です。

助手の代わりに

――受付以外の仕事をすることはありますか?

中に助手さんがいるんですけど、その方が休みの日だけ、私が代わりに患者さんの治療の手伝いをしています。助手は資格がなくてもできます。

口の中に水を吸う器具を入れたり、院長が指示する治療に必要な器具を取ったり、セメントを練ったりします。院長の仕事のお手伝いみたいな感じです。

助手さんのほかに歯科衛生士さんとかは、うちの歯科医にはいないです。治療は全て院長がやっています。

歯科医や歯科衛生士の仕事に憧れることは、今のところ無いですね。難しいというのが分かっているので、頑張ってみようかなと思ったことはないです。

歯科医院勤務で得た経験と知識

――歯科医院で働くための心構えはありますか?

病院なので消毒が大事で、手も常に綺麗にして周りが汚れていたらアルコールタオルで拭くようにすることです。

肝炎の方も患者で来られるので、その方の血が出た時は、自分のせいで他の方が肝炎になってしまうこともありえるので気をつけるという心構えはしています。

消毒方法は、一般的な「ミューズ」みたいなもので洗って消毒液をシュッとやるぐらいです。一般的な生活とあまり変わらないです。

――歯科医院で働くようになってから勉強したことはありますか?

特別勉強したことはないんですけど、歯のこととか器具の名前とか銀歯を作る過程とかも自然と覚えました。

練習台で、全然関係ない歯の型を取ったりしました。練習台はやはり母とか父とかです。

――この仕事をしていて嬉しかったことはありますか?

歯について詳しくなったので、自分の歯が虫歯になりかけているか早く気付いて防止できるようになったのが良かったなと思います。

人の歯の治療をしているので、自分の歯のことも分かりますし、友達や知らない人の歯もよく見るようになってしまいました。

虫歯があるかないかはすぐに分かるし、あとちょっと汚れているなとか、治療した方が良いんじゃないかなとか、勝手に思っちゃいますね。

大ごとになる前に

――こういう風になったら歯医者さんに行った方が良いという症状はありますか?

しみると神経を抜く大がかりな治療になってしまいます。少しでもしみると感じたら早めに行けば、軽い治療で済みます。我慢し過ぎると治療に行った時に抜かないといけなくなりがちです。

――歯科医院で働いているからこそお薦めできる歯ブラシや磨き方はありますか?

歯科医院で売っている歯ブラシや歯みがき粉が一番良いと思います。

歯科医院勤務でつらいこと

――このお仕事をしていてつらかったことはありますか?

使った後の器具を消毒するので手袋を着けているんですけど、人の口の中なので汚いなとか、抜歯とかだと血もついていてあまり触りたくないような物なので、そういうのがちょっとつらいですね。

今は慣れたんですけど、たまに口臭がひどい方だと息を止めてやらないといけないので、そこはまだ慣れていないです。

歯科医院で働きたい方へ

――歯科医院で働いてみたい人にアドバイスがあったらお願いします。

歯科医院で働く機会はあまりないと思うので、働いたら医療の世界を知ることができるし、体がこうなったら危ないなとか今歯が汚いなとすぐに思えるようになります。

やってみたら凄く楽しいのでちょっとでも興味のある方にはお薦めします。

LINEで送る
Pocket

【スポンサードサーチ】

インタビュー新着

おすすめ情報

【スポンサードサーチ】

新着インタビュー

カテゴリ一覧

タグ一覧